転院について 3

東京への転勤に伴って、矯正歯科も転院しました。
その体験談 第3弾です。 初回はこちら

引っ越ししてから2週間ほどたって、転院先の先生からお電話をいただきました。
前の先生からは転院先がどこか聞いていなかったのですが、お電話がかかってきたのは候補先の一つだったので、安心して話を聞くことができました。
電話では丁寧にお話下さり、優しい感じが伝わってきました。
病院の説明や、経緯の確認をし、もしよければ一度来てくださいとのことで、もちろん行く約束を即しました。
病院では料金のことや、今後の治療方針のことなどを1時間近くかけてお話していただきました。
払い戻された金額をそのまま、新しい病院に支払うことで追加の装置料金はいらないとのこと。
ただし、もう一度ちゃんと検査をしたいとのことだったので、検査料金2万円が追加でかかりました。

治療方針についても、インプラントをもしかしたら追加しなくてはならないことや、下の歯の動きが悪いので外側に少し金具を追加するかも、とのことでした。
今まで結構新しくて先端的な病院に通ってましたが、この病院はなんだか懐かしいような親しみのあるかんじで、先生もとても穏やかで優しそうな印象を持ちました。
助手さんたちも柔らかい印象の方ばっかりで、とても気に入りました。
すこし家からも職場からも若干遠いものの、これまで車で1時間近くかけて通っていたことを考えれば近いので、気にならず。
さすが東京だなぁと田舎感半端ない感想を持っています。
私としては少しでも早く治療を再開したいし、転院先も結構気に入ったので次のステップに進みたい気満々でした。
しかし、ここはちゃんとした先生です。ここで治療を続けたいかどうか丁寧に丁寧に確認していきます。
一通りお話を聞いて、まずは検査の予約をすることになりました。
治療を続けるかどうかは、検査の結果を出すときに改めて治療方針を伝えるのでその際にまた決めてほしいとのことでした。
仕事の関係上、平日の夜か、土日しか無理なので、検査の予約も一か月後に、、。
やはり結構時間がかかります。

続きは次回

コメント