転院~再検査

歯を抜き終わって、先生に連絡すると、

『もうすぐ廃業するんです』

なに????????
っていうことで今後の相談をさせてほしいから一度来てねと。

[ad#mo-1]

行ってみると、違う先生を紹介してもいいし、最後まで先生が面倒みるということでもいい。選んでください、とのこと。
ということで、違う先生というのが裏側矯正専門の先生だったわけです。先生としてはお金に余裕があるなら、裏側にしてみたら?との提案。

まずは話を聞いてみなさいと、裏側矯正の先生を紹介してくれました。

この時になって初めて、急に裏側矯正について興味を持ち始めました。全然これまで考えてなかったのに。

装置装着に向けて進むにつれて、やっぱり矯正中見た目気になるよなー仕方ないよなーと思い始めていたので、これは裏側にする良いきっかけではないか?と考えるようになりました。

そして、裏側矯正の先生に矯正相談。(この時点で矯正決意してから1年経過)

なかなかのイケメン先生。

話も丁寧で、前の先生のところのいきさつとかも事情を組んでくれて、ここなら通い続けれるかなと思ったので、お願いすることにしました。

遠くから通うことにも理解を示していただいたし、転勤の可能性も理解を示してくれました

金額は、かなりUPですが。おりしも自身の昇給と重なったので、ご褒美ということにしました。でも、高いよね。

もう私の中では、早く始めたい!という気持ちが強く、ここからはどんどん進んでいきます。

裏側をすることになり、再度精密検査です。写真をとって、レントゲンとって、っと。

で、出てきた診断結果も、前の歯科医とほぼ一緒。
ただし、抜歯した部分の歯茎がかなり治癒してきており、歯の動きが悪いかもとのことでした。歯茎の部分が細くなってしまっており、歯が動いてくる隙間が十分ではないかもと。

そこを動かすためにもインプラントは必要だと思うとのこと。でも治療しながらどうするか決めていきましょう。と言われました。

私みたいに抜歯から矯正まで時間あかないほうが、矯正的にはいいのかもしれません。これから抜歯して矯正する人はスケジュール気を付けてください!

本来なら診断してから、いったん持って帰って、最終決断どうするか検討ください、、となるところなのですが、私としてはすぐに始めたい!!先生もそれを承知してくれてて、金額的に問題なければ、次の予約に進みましょうということになりました。

次は型取りです。

私が使用する裏側矯正の装置はインコグニートという装置で、自分の歯の形に合わせて、ブラケットが出来上がってきます。ドイツで作成するため、6週間程度かかるとのこと。

型取りは、3Dスキャンでとりました。たぶん赤外線が出てるであろう棒を口の中に入れて、歯の形をPCに送ってました。

これが、結構時間かかるんですね。隙間なく形状を取り込むのに、何度も何度もやり直しました。棒も結構いかつく感じます(たぶん歯ブラシ少し太くしたくらいなんだろうけど)。

これは、普通に型取りしたほうが早いのでは??と思いましたが、それだと日本からドイツまで私の歯型が届くのに時間がかかるとのこと。
3Dデータだと、すぐに作成に取り掛かれるから、頑張りましょう!と助手さんも何度も何度も悪戦苦闘。だんだん申し訳なくなります。
で、とり終わって見せてもらったら、すごい!ちゃんと3Dデータになった私の歯がPC上に!!!

ということで待つこと6週間。
装置完成~☆☆☆
装置つける前に歯のお掃除を一回やっておきたいのと、虫歯の検査、顎のレントゲンをもう一度ということになり、一度歯医者さんへ。
できてました。私のブラケット☆

テンションあがる!!!MYブラケット!この世に一つ!

マウスピースのような歯型の容器に陳列しています。マウスピースごと歯にかぶせて、ブラケットだけを歯に残す方法らしい。

これ、本当にこれまでの技術と比べたら、ブラケットの位置もずれなくて、素晴らしいですよね。こちらとしても安心です。

ワイヤーも何本もできていて、段階によってワイヤーを入れ替えていくらしい。

頑張るぞー。最後まで頑張るぞー!

インコグニートのほうでも3Dモデルで治療後の予想図を作っててくれてて、先生がPC上で見せてくれました!

予想モデルだとすごい引っ込んでる!これは期待しちゃいます。

ここの歯医者さんは、診断結果や写真をファイリングして渡してくれるので、うれしいです。
きっと矯正が終わった後に見返して感慨に浸ることでしょう。

次回はいよいよ装置装着です。

 

矯正相談
3,240×2回
検査
32,400円
診断
16,200円
模型どり
5,400円
装着前の清掃、確認
5,400円

装置
500,000円

 

 

 

コメント